正しい洗い方を知る

洗顔

洗いすぎに注意

日々の生活の中で、きれいに洗う行為はそれなりにあります。食器を使えば洗いますし、洗濯物を洗ったりトイレなどを掃除をしたりします。これらを洗うときに考えるのは、いかに汚れをきれいに取り切れるかになるでしょう。少しでも汚れが残っていれば、何とかして取ろうとするときもあります。洗う行為として物以外に自分自身を洗うときがあります。体の中でも洗う機会が多いのが顔かもしれません。日頃どのように洗顔をすべきか知っておくと良いでしょう。通常洗顔をするタイミングとしては、朝起きた時、お風呂に入ったとき、その他必要に応じてになるでしょう。洗顔の頻度としては1日1回行えば十分かもしれません。生活をしていると汚れが付きますが、顔は体の中でも布などで覆わない部分です。汗などで汚れるイメージがありますが、それ以外に排気ガスなどでも汚れますし、雨などに濡れても汚れます。汚れをそのまま放置していると汚れ同士が混ざり合い、さらに酸化などすることで不健康な状態になります。洗顔の時のポイントとして、いかに肌に負担をかけずに汚れを取るかです。汚れを取る方法としては摩擦に頼る方法があります。ごしごし顔をこすれば汚れは取れます。しかしその時に皮膚に負担をかけます。石鹸や専用のフォームを使って洗うときもありますが、泡立てが中途半端だと汚れになじみにくくなり、結局肌に負担をかけやすい状態になります。泡立てた石鹸を優しくなでるようにすれば汚れは落ちます。洗いすぎて必要な皮脂を落とさないようにしないといけません。